正視する肖像

古く、人々は神の像を描くときに、非常な中止を払ってより正確なイメージを与えようとして横顔の輪郭に、正視する眼を描いて心象までも表わそうとしたのでした。それは幾何学的には正確ではなくとも、神々の心象を伝える真実の方法だったのです。
雪舟が水墨画で達磨を描いたのも、この手法でした。
写真は見た目の通りに写し撮る手段ですが、それは一面の真実を伝えているにすぎません。
古の肖像画の手法が、私に人物の個性を描き出す方法を教えてくれたのです。

​Straight Eye

In ancient era, people paid attention to draw accurate portray of the gods, they drew the contour of profile and the straight eye that reflects the depths of the heart. While it was not geometric realism, it could be a true method of the impression.
We know Sesshu made a sumie (Japanese ink painting) to describe Dharma by this way.
Photograph may capture as it looks but it is just one side view of the real thing.

Here is a backward revolution of the ancient method for portrait which taught me the way to capture the essence of personality. 

©Minoru Hohtsuki Photography / Call 090-3527-0424/ netdandy@gmail.com

  • facebook
Akiko